Plasma Science for
Steady-State Fusion Reactors

研究目的

高温プラズマの閉じ込め物理の解明と制御

無尽蔵のエネルギー源と期待される核融合発電炉を開発するためには、1億度を超える高温プラズマを効率よく生成し、閉じ込める必要があります。それには、高温プラズマの性質をよく理解することが必要です。特に、長時間高温プラズマを閉じ込めた時に、燃料粒子、不純物がどのような挙動を示すか、またそれを制御し得るかを明らかにすることは 、核融合炉開発の成否に関わる重要な課題です。本研究グループは、定常プラズマが生成可能なQUESTを用い、高温プラズマの物性を明らかにするための研究を展開し、かつその知見に基づいて核融合炉に適した制御法を開発するための研究を進めています。




研究内容

様々なプラズマ閉じ込め装置における実験研究を行っています。

QUEST球状トカマク

高温プラズマ理工学研究センターにある球状トカマクQUESTでは高温プラズマを定常維持するための研究を進めています。我々のグループは、高温プラズマを安定に閉じ込めることを目指し、計測器の開発を通じてプラズマの物性の解明を進め、その知見に基づいてプラズマの閉じ込めを制御する手法の開発を進めています。

PLATOトカマク

九州大学応用力学研究所では現在小型トカマクを建設し、プラズマ内部を高精度で計測することにより、磁場閉じ込めプラズマの性質を決定づけている乱流の特性を明らかにしようとしています。

核融合科学研究所 大型ヘリカル装置(LHD)

核融合科学研究所にある大型ヘリカル装置(LHD)は1億度のプラズマを生成できる装置です。この超高温プラズマの中で起こる様々な現象を調べるための共同研究を行っています。

大学院教育(先端エネルギー理工学専攻)

九州大学総合理工学府先端エネルギー理工学専攻高エネルギー物質理工学講座プラズマ材料学研究室として、大学院教育を行っています。

共同研究

他研究機関、大学、高専の方々と共同研究を実施しています。

新着情報

2020年3月18日 ホームページを改訂しました。

過去のできごと

メンバー

井戸 毅

応用力学研究所高温プラズマ理工学研究センター 教授 
総合理工学府先端エネルギー理工学 教授

これまで磁場閉じ込めプラズマ中の電場や密度の揺らぎを計測するための計測器の開発に携わり、それを用いて様々な輸送現象を調べてきました。高温プラズマは、核融合炉開発という実用面からも、またその複雑な振る舞いを生み出す物理の解明という学術面からも興味深い研究対象です。詳細な計測に基づき、プラズマ物理の理解を進めると同時に、核融合炉システムの中でプラズマがどのように振舞うと予想され、それをどのように制御すべきか考えていきたいと思っています。

徳永 和俊

応用力学研究所核融合力学部門 准教授 
総合理工学府先端エネルギー理工学専攻 准教授

プラズマ表面相互作用の研究を行っています。

learn more

長谷川 真

応用力学研究所核融合力学部門 助教 
総合理工学府先端エネルギー理工学専攻 助教

高温プラズマの制御を行うための機器や制御手法の設計・開発、またQUEST装置という実機を用いて、それらの実装・検証を行っています。核融合炉開発へ繋げていくためのプラズマの生成・維持を行うには、数多くのセンサーを用いて位置や形状、温度や密度といった多様なパラメータを同定し、同時に数多くのアクチュエータでそれらをリアルタイムに制御していく必要があります。その因果関係は、多種多様に渡り大変複雑になると思われ、それらの総合的な理解、および制御を行っていきたいと思っています。

連絡先

〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1
九州大学応用力学研究所
高温プラズマ理工学研究センター

(e-mail) t.ido[at]triam.kyushu-u.ac.jp
(tel.) 092-583-7695
* e-mail アドレスの[at] を@に変更してください